八重の桜への辛辣な感想に…


たまたま目に留まったネットニュースがコレでした。

綾瀬はるかに続き大沢たかお…NHK大河は「JIN」頼み?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000003-nkgendai-ent

『JIN』も好きだったし、『八重の桜』も色々思う所はありましたが、全部欠かさず見ました。

この記事のラストが、八重の桜への辛辣な感想だったんですが、「そうそう!」と納得してしまった自分がいました。それは、主人公の人物像がきちんと描けず、視聴者の心をつかめずに終わった「八重」の二の舞いにならぬよう願うばかりだ。という所です。

「そうなんです!」八重は確実に強い女でしたけど、人物像と言われると、「強かった」以外に思い当たる言葉が見当たりません。それが製作者側が描きたかった人物像だったとしたら良いんですが、八重の人物像に、もう少し視聴者の心に響く何かが必要だったと思います。

まだ『軍師官兵衛』が始まったばかりですが、来年の『花燃ゆ』にも期待してます。世間にほとんど知られてない人が主人公だけに、描き方を間違えると大コケ間違いなしだと思います。

2014年2月20日10:47 AM|カテゴリー: 名古屋人の日記コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です