エボラ出血熱が怖すぎる


エボラ出血熱が、西アフリカだけでなく世界で猛威を振るっています。

国連が、「あと60日で制圧できなければ、未曾有の事態に陥る」と言ってますし、事実アメリカでは二次感染で看護師が感染しました。陽性反応が出た看護師が、発覚前に飛行機に乗っていたそうですから、「三次感染は無い」と断言できるような状況ではありません。

スペイン、フランスでも感染が拡大しているそうです。

既に、西アフリカだけで抑え込めていないのが現状です。

アフリカ諸国と、ヨーロッパ、アメリカの封じ込め体制は大きく異なると言えど、水際対策が失敗した今、一刻を争う事態なのは間違いありませんね。

国連が「負ければ人類が敗北」という強い声明を発表しているのを聞くだけでも、非常に怖いですね。

2014年10月19日10:21 AM|カテゴリー: 名古屋人の日記コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です