名古屋弁のありがとう


名古屋弁のありがとうって、ありがとうは、文字で書けばそのままなんですが、

名古屋弁だと、ありとう になります。

標準語というか東京弁だと、がとう だと思います。

関西弁だと、ありが でしょうか。

よく使う言葉だけに、このアクセントの違いは、相当大きいです。

そして、殆どの人が意識せずに使っていますので、意識して聞いてると面白いですよ。でらとか、だがやとか、えらい放課ケッタなどは、多くの名古屋人が名古屋弁と認識しているので、すぐ止められますが、ありがとうは無意識に出てしまいます。

名古屋人を演じたかったら、ありとうと言ってみてください。

2014年8月23日2:23 PM|カテゴリー: 名古屋弁コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です